Automation Anywhere

Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 操作エラー – アクションをドラッグできない

「Automation Anywhere A2019 操作エラー」では、操作エラーが発生した際に調査した内容を紹介します。 アクションをドラッグできない ■現象 V11のコマンドとA2019のアクションの違いを比較する作業を行っていたときに...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 PythonスクリプトでExcelの列番号を列文字に変換する

A2019では、「Excelの高度な操作」パッケージが追加になりました。これにより、今まで以上にAutomation Anywhereを使ってExcelの操作を行う機会が増えるのではないかと思います。Excelの操作を行うときのセルの位置や...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 「Excelの高度な操作」パッケージの使用例

V11までのExcelコマンドでは、セルの値を取得したり設定したりすることはできても、列や行の挿入・削除といったシートの編集を行うコマンドはありませんでした。そのため筆者は、シートの編集を行う操作が必要なときは、PowerShellスクリプ...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 フォルダにあるファイル名称どうやって取得するの?

フォルダ内のPDFファイル全てを対象に、1ページずつのファイルに分割するBotを作ったとき、日本人ならでは(?)の失敗をしたのでメモしておきます。 失敗例 下記がアクションリストの全体概要です。実行してもファイルが分割されませんでした。4...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 スクリーン座標の取得や設定がしたいとき

OCR機能を使うときは、読み取り領域の座標や幅・高さを指定します。Automation Anywhereでは読み取り位置を指定する際に、アプリケーションのウィンドウ左上からの相対座標を指定します。スクリーン上の絶対座標ではないので、スクリー...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – スプレッドシートが見つかりません

製品仕様による制約から発生する実行時エラーは、原因が判明するまでに時間が掛かる場合が多いと思われます。「Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング」では、実行時エラーの事例を紹介します。 スプレッドシートが見...
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

今回の内容は、実行時エラーのトラブルシューティングではありませんが、OCR機能を使うときに知っていると悩まなくて済む情報ですので紹介します。 OCR結果の先頭にあるゴミは何? ■現象 OCR機能を使ってキャプチャした文字をメッセージボックス...
タイトルとURLをコピーしました