新着記事

Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 環境構築 – Community Edition(その2)デバイスの初期設定

小規模事業者、開発者または学生という条件(※1)付きですが、無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。(その2)では、デバイスを初期設定する手順を紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – バージョンの確認方法

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え - バージョンの確認方法。シー・システム(株)ではAI・RPAを始めとした業務系システムの開発を行っています。弊社メンバーが、実際にRPAツールを使っていて獲得したノウハウの中から、これを知っていると『課題解決に役立つ』と考えた内容をピックアップして記事を書いています。
Automation Anywhere

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – アクションの表示はこう変わった

シー・システム(株)は大阪を中心とし、AI・RPAを始めとした業務系システムの開発会社です。V11では、アクションの表示はリスト形式しかありませんでした。見た目がプログラムコードのようで取っ付きにくいですが、複数のアクションを一目で確認できるのが、リスト形式の利点です。慣れてくるとリスト形式も捨てがたいですね。
Automation Anywhere

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – レコーダーの開始ボタンはどこにいった

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え - レコーダーの開始ボタンはどこにいった。シー・システム(株)ではAI・RPAを始めとした業務系システムの開発を行っています。弊社メンバーが、実際にRPAツールを使っていて獲得したノウハウの中から、これを知っていると『課題解決に役立つ』と考えた内容をピックアップして記事を書いています。
タイトルとURLをコピーしました