2020-03

Automation Anywhere

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – Control RoomにアップロードするPythonやVBScriptのファイル名称やパスに全角文字を含んではいけない

Control Roomにアップロードしたスクリプトを実行するように依存関係を設定しておけば、Botを実行するデバイスにAAEが自動的にスクリプトをダウンロードして実行します。Control RoomにアップロードするPythonやVBScriptのファイル名称やパスに全角文字を含んではいけません。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 PowerShell連携による独自の入力フォーム呼び出し

Windows Formを表示して入力を受け付けるPowerShellスクリプトをBotから実行して、入力内容を取得する処理を紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – アクションをドラッグできない

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング。シー・システム(株)ではAI・RPAを始めとした業務系システムの開発を行っています。弊社メンバーが、実際にRPAツールを使っていて獲得したノウハウの中から、これを知っていると『課題解決に役立つ』と考えた内容をピックアップして記事を書いています。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 操作エラー – アクションをドラッグできない

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング 。シー・システム(株)ではAI・RPAを始めとした業務系システムの開発を行っています。弊社メンバーが、実際にRPAツールを使っていて獲得したノウハウの中から、これを知っていると『課題解決に役立つ』と考えた内容をピックアップして記事を書いています。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 PythonスクリプトでExcelの列番号を列文字に変換する

Automation Anywhereを使ってExcelの操作を行う場合に、列番号を列文字に変換する処理が欲しくなることがよくあります。ここでは、Excelの列番号を列文字に変換する処理をPythonスクリプトで実装する例を紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 「Excelの高度な操作」パッケージの使用例

A2019では、列や行の挿入・削除といったアクションが追加になっているので、シートの編集を行う操作をキー操作ではなくて、専用のアクションで行えるようになりました。ここでは、Excelシートに列を追加して計算式を挿入する処理を紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 フォルダにあるファイル名称どうやって取得するの?

「ループ」アクションで反復子に[フォルダの各ファイルに対して]のとき、ディクショナリ変数から値を取得するときのキーは「name」と「extension」なんですね。くれぐれも「名前」や「拡張子」を指定しないようにしましょう。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 スクリーン座標の取得や設定がしたいとき

ウィンドウの表示位置やウィンドウ内の項目の位置を取得する方法、ウィンドウの表示位置を設定する方法、について紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – スプレッドシートが見つかりません

Excelファイルを開く処理では「Excelの基本操作」パッケージのアクションを使って、ループの反復子に「Excelの高度な操作」パッケージの「For each row in worksheet」を使う、というようなパッケージの混在から発生するトラブルの例を紹介します。
Automation Anywhere

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

実行時エラーのトラブルシューティングではありませんが、OCR機能を使うときに知っていると悩まなくて済む情報ですので紹介します。
タイトルとURLをコピーしました